会社情報

Tsubaki Technical Review Vol.16 No.1 2006 目次

抄録

1.タイミングチェーンシステムのフリクション低減
Reduced Friction in Timing Chain Systems

橋本裕至
Hiroshi HASHIMOTO

自動車に求められている環境負荷低減のひとつに燃費の改善が挙げられている。エンジンのタイミングシステムを構成する当社のチェーン、テンショナなどの製品も例外ではなく、燃費改善のための取り組みを求められている。本報告では燃費改善の一環としてのタイミングチェーンシステムのフリクション低減について、その測定方法など導入部となる部分について述べる。

Improvement in fuel consumption has been named as one necessary environmental load reduction in cars. Products such chains and tensioners, which constitute an engine’s timing chain drive systems, are no exception. Our actions to improve fuel consumption are urgently required by car manufacturers. This paper explains friction reduction in timing chain drive systems and measurement methods to improve fuel consumption.

ページトップへ

2.創薬用ミニチューブおよび周辺装置の開発
Development of Mini Tubes and Peripheral Equipment for Drug Development

西井久雄・松本展明・堤 一弘・田池広幸
Hisao NISHII・Nobuaki MATSUMOTO・Kazuhiro TSUTSUMI・Hiroyuki TAIKE

創薬現場では、化合物やDNAなどのサンプル(保管物)が、容器容量1000μℓ程度のマイクロチューブに装填されて小型冷凍保管庫に保存されている。今回、より一層ニーズが高まってきている微量保管、サンプル保管数の増大、サンプル保管のID化を目的に容器容量100μℓのミニチューブ(ツバキ384チューブ)および周辺装置を開発したので本報に紹介する。

At drug development sites, samples of compounds, DNA, and the like are filled in a 1000 μℓ micro-tube container and kept in a small cold storage unit. To realize the growing need for smaller containers, increased sample storage, and an ID system for stored samples, we would like to report on our development of 100μℓ mini-tubes (TSUBAKI 384 tubes) and peripheral equipment.

ページトップへ

3.New RS® ローラチェーン‘G7’
New RS Roller Chain ‘G7’

前田哲宏・木村武史・三木博文
Akihiro MAEDA・Takeshi KIMURA・Hirofumi MIKI

チェーン事業部は、主力製品であるRSローラチェーンへ、長年にわたりモデルチェンジを繰り返して、世界最高の品質を追求してきた。2006年には、7度目のモデルチェンジを経て、第7世代の”G7”を発売した。本編では、ものづくりの伝統と最新テクノロジーの融合で完成した、New RSローラチェーンG7形を紹介する。
*RSは、(株)椿本チエインの登録商標です。

The Tsubakimoto Chain Co. Chain Division has been pursuing the world’s highest quality by consistently upgrading its main product, the RS Roller Chain. In 2006, we launched the 7th Generation our RS Roller Chain, called ‘G7’. This article introduces the New RS Roller Chain ‘G7’, fusion of quality manufacturing tradition and state of the art technology.

ページトップへ

4.小形ギヤモートル用直流ブレーキの開発 ~RoHS指令対応、海外規格対応~
Development of Direct Current Brake for Compact Gear Motor
~ for RoHS Instruction and Overseas Standards ~

角丸博文・森本浩輝
Hirofumi KADOMARU・Hiromitsu MORIMOT

減速機商品で使用している直流ブレーキのSLBシリーズは、0.1~0.75kWまで商品化されていた。今回、2.2kWまでの容量拡大にあたり、今や必須となっているRoHS指令対応と海外規格対応などを盛り込んで商品化した。ここではその内容について紹介する。

The SLB series of direct current brakes used for gear reducers gears was commercialized for between 0.1 and 0.75 kW. This time we designed a new 2.2kW maximum capacity DC brake, which meets the requirements of the RoHS Directive and overseas standards. Details of this are as follows: