会社情報

Tsubaki Technical Review Vol.13 No.1 2003 目次

抄録

1.高圧室リリーフ型テンショナの開発
Development of Chain Tensioner with High-Pressure-Relief-Valve

黒川善夫・橋本裕至
Yoshio KUROKAWA・Hiroshi HASHIMOTO

自動車用タイミングチェーンの振動抑制に広く使用される油圧式テンショナにおいて、張力変動の大きいエンジンに対応するため、高圧室リリーフ型テンショナの開発・商品化に成功した。本報では商品化に至るプロセスと実機での効果および今後の予測技術への展開について述べる。

Hydraulic tensioner is widely used to reduce chain vibrations in the timing system of automotive engines. To cope with stronger fluctuations in chain tension, chain tensioner with high-pressure -relief-valve has been successfully developed and marketed. Here we report on the commercialization of the actual engine and its effectiveness. Also, further development of the prediction engineering is introduced.

ページトップへ

2.水系クロムフリー高耐食表面処理システム『プログレート』の開発
Development of PROGREAT, Chromium Free Highly Corrosion Resistant Water-Based Surface Treatment System

佐藤 哲
Satoshi SATOH

「プログレート」は水系の処理液で、高い耐食を実現する新しい表面処理である。この塗料液開発にあたっては亜鉛と水との反応という大きな問題を解決した。本報告は、開発における問題解決と自動車部品のクロムフリー化動向について紹介する。
*プログレートは、(株)椿本チエインの登録商標です。

"PROGREAT" is a new water-based coating system delivering high corrosion resistance of metal surfaces. The biggest problem to overcome was the reaction of zinc and water. This paper reports on the problem solving, and trends in the chromium-free coatings for automotive parts.

ページトップへ

3.リニアモータ式 高速・長ストローク 往復動試験機
Reciprocal Motion Testing Equipment Using High Speed / Long Stroke Linear Motors

宇瀧昭彦・柴田直人・堤 一弘
Akihiko UTAKI・Naoto SHIBATA・Kazuhiro TSUTSUMI

高速、高加速度、高頻度、長ストロークで使われる往復動機器に対応した、リニアモータ使用の往復動試験装置を開発した。高加減速度を得るため応力解析による機体の軽量化設計、磁場解析によるリニアモータの小型・高推力化設計、複数リニアモータの協調制御を採用し、長ストロークで目標の最高速度360m/min、加減速度20m/s2を実現した。ケーブルベヤの評価試験機として稼動中である。
*ケーブルベヤは、(株)椿本チエインの登録商標です。

Reciprocal motion testing equipment using high speed, high acceleration, high frequency / long stroke linear motors has been developed. To realize high acceleration, light weight parts design using stress analysis, compact / big thrust design of linear motor using magnetic field analysis, and parallel control of multiple motors was implemented to realize the maximum velocity of 360m/min, and an acceleration of 20m/s2. The testing equipment is now being used to evaluate the Cableveyor.

ページトップへ

4.「精密位置決めコンベヤユニット」の開発
Development of Precise Positioning Conveyor Unit

佐倉俊児
Shunji SAKURA

ニ-ドルブシュチェ-ンを用いて、ユニークな駆動機構を備えた、間欠位置決めを行う精密位置決めコンベヤユニットを開発した。本コンベヤユニットはそれぞれ駆動方式が異なる、(1)直動、(2)減速機内蔵、(3)ホローシャフトの3タイプを開発したが、ここでは直動タイプを中心に構造および性能について報告する。

The precise positioning conveyer unit (for intermittent positioning) with unique driving mechanism has been developed using NEEDLE BUSH CHAINS. This unit employs three kinds of driving systems, (1) linear thrust, (2) sprocket drive with built in reducer, and (3) sprocket with hollow shaft. This paper mainly reports on the configuration and the performance of the linear thrust type.

ページトップへ

5.高速応答電源モジュールDM200E1・DM400E商品化
Quick Response Power Supply DC Modules DM200E1 and DM400E

森本浩輝・角丸博文
Hiromitsu MORIMOTO・Hirofumi KADOMARU

ブレーキ業界では電磁ブレーキの性能向上および生産コストの低減を目的として交流ブレーキから直流ブレーキへの移行が約10年前から本格的に行われ始めた。この移行に伴い発生した問題点「制動遅れ時間が長くなる現象」はブレーキ性能そのものを左右する事項であり、その問題点解決を目的として小形で応答性が早い高速応答電源モジュール(直流切り回路内蔵)DM200E1・DM400Eシリーズを開発した。

During the last 10 years a shift from AC to DC brakes has been occurring in the brake sector to improve performance and reduce costs of electromagnetic brakes. However, this shift caused a serious problem of armature release time being longer for DC brakes than that for AC brakes. To solve this problem, quick response DC power supply modules DM200E1 and DM400E have been developed.

ページトップへ

6.創薬小型冷凍保管庫 つばきラボストッカ
TSUBAKI Labo-Stocker, Compact Refrigerated Storage for New Medicine Development

西井久雄・平尾 徹・酒井克徳・飛鳥井雅弘・柴田直人
Hisao NISHII , Tohru HIRAO , Katsunori SAKAI , Masahiro ASUKAI , Naoto SHIBATA

近年、創薬プロセスはHTSによる自動化が著しく進化した。この背景は各製薬メーカーがゲノム創薬の開発速度を高めることで、先行者利益を得るためである。当社はHTSに対応する機器として小型冷凍保管庫(ラボストッカ)を開発した。要素技術として、保管機構、情報系ソフトウェア、ハンドリング機構、空調技術に大別できるが、本報告では保管機構に的を絞り解説する。
*ラボストッカは、(株)椿本チエインの登録商標です。

In recent years, the process of new medicine development has been significantly automated using HTS. The background is that each pharmaceutical company contends with others in the genetic medicine development to gain rich profits of the forerunner. Tsubakimoto developed Labo-Stocker, compact refrigerated storage to cope with HTS. Main components of the system are storage, IT software, handling mechanism, and air conditioners. This report focuses on the storage mechanism.

ページトップへ

7.郵便物仕分機 新型メールソート
Mail Sorting Machine "NEW MAIL SORT"

下村正和
Masakazu SHIMOMURA

定形外(大型)郵便物を一通ずつ確実にハンドリングする機構と、仕分機本体の片側に3段配置された集積ボックスへの仕分けを可能にした、高性能でコンパクトな仕分機(新型メールソート)を開発したのでここに紹介する。
*メールソートは、(株)椿本チエインの登録商標です。

This paper reports on a newly developed, high performance compact mail sorting machine, the New Mailsort. The machine is equipped with a new mechanism to ensure that each piece of bulky non-standard format mail to be handled is correctly sorted and fed to three-storied collector receptacle.