会社情報

Tsubaki Technical Review Vol.10 No.1 2000 目次

抄録

1.ピース(小物品)仕分け用リニソート
"LINI-SORT" Sorting System for Small Articles

森本賢徳
Yoshinori MORIMOTO

マーケットの主役がメーカーから消費者へシフトする中で、販売情報を握る小売業がメーカーや卸に対し 大きな発言力を持つようになった。流通過程においても小売業のニーズを満足することが求められるため、 物流センターの役割が増大している。その物流センターに求められるニーズは、多品種少量の納品(ピース単位納品)、 誤納品ゼロ、ノー検品、リードタイム短縮等である。これらニーズを満足し、多品種少量のピース商品を効率的 かつ正確に店舗別に仕分ける当社主力商品「リニソート」を紹介する。

As the leading role in the market shifts from the supplier to the consumer, retailers who obtain sales information stand to gain more powerful influence over the manufacturer and the wholesaler. In the distribution process, the distribution center is coming to play more important role in meeting the retailer's requirements. The principle requirements for a distribution center include the ability to make small-lot deliveries with short lead time and no checking or mistakes. This report describes Tsubaki's main sorting system "LINI-SORT" which sorts lots of small articles efficiently and accurately.

ページトップへ

2.つばきメールソート
Tsubaki MAILSORT

梅沢研二
Kenji UMEZAWA

封筒入りのメール類を仕分けするために開発された「つばきメールソート」は、狭い空間に多数の仕分間口を持ちながら、事務機器のように簡単に設置できる。その機器構成を紹介する。

Tsubaki MAILSORT was developed to sort mail, and packs many mailboxes into a small space, while being as easy to setup as a regular office machine. This report describes the system and components.

ページトップへ

3.フリクションローラ式ストレージコンベヤ
Storage Conveyor with Friction Roller Drives

田中善土
Zento TANAKA

自動車塗装工場内で、ボディの工程間搬送とストレージのためにストレージコンベヤは多用されている。 大幅なコスト低減と環境負荷低減を目的として、新たに開発されたフリクションローラ式ストレージコンベヤを紹介する。

Storage conveyors are widely used in the automobile industry for process-to-process transportation and storage of car bodies. This report describes a new storage conveyor with friction rollers that has been designed to significantly decrease costs and to reduce environmental disruption.

ページトップへ

4.新聞ロール紙外装除去装置
Unwraping System for Newspaper Rolls

林田伸一
Shinichi HAYASHIDA

新聞印刷工場へ納入されるロール紙は、通常、保護用外装紙で覆われている。従来の外装紙自動除去装置では、支持ローラのためにシワ・ズレの発生が問題であった。この問題を解決したクランプ式外装紙自動除去装置を開発したので紹介する。

Roll paper delivered to newspaper printing plants is usually covered with wrapping paper for protection. A problem with existing automatic unwrapping systems is the crumple and the spiral slant caused by the supporting rollers. This report describes a new clamp-type automatic unwrapping system that we have developed to solve these problems.

ページトップへ

5.モニターメーカー看太郎32
高速SQLサーバーのバッチデータ管理機能
Tsubaki MONITOR MAKER "MITARO 32"
Batch Data Management for High-Performance SQL Server

森田茂樹
Shigeki MORITA

高速でデータ収集を行うモニターメーカー看太郎32/高速SQLサーバーに、食品業界や化学業界のニーズに 対応するため、製造単位(バッチ)毎のデータ検索機能(バッチデータ管理機能)を追加した。 これにより製品プロセスの最適化が容易となった


To cope with the needs of the food and chemical industries, a data retrieval function for each production lot (batch data management function) has been added to the high-performance SQL server of the MITARO 32, high-speed data collector. The addition facilitates the optimization of the production process.

ページトップへ

6.プラケーブルベヤTKP0450ニューモデル
New Plastic Cableveyor; Type TKP0450

松田孝之・石見 勉
Takayuki MATSUDA , Tsutomu IWAMI

機械装置の移動部へ動力・信号を供給するケーブル・ホースの支持機器であるケーブルベヤに対し、 ユーザーニーズが高度化している。それに対応した、当社プラスチックケーブルベヤの中核サイズである TKP0450のリニューアルを報告する。

The Tsubaki Cableveyor is used to safely support the cables and hoses which supply power and signals to the moving parts of machines, and to meet the increasingly sophisticated meeds of our users, we have updated our core model size, the TKP0450.

ページトップへ

7.ばきシンクロドライブシステム(SDS)の開発
可逆SSCを用いた新しい同期制御方法
Development of the Tsubaki Synchro Drive System (SDS)
New Synchronous Control Using Reverse SSC

藤原邦彦・西井久雄
Kunihiko FUJIWARA・Hisao NISHII

電動リニアアクチュエータのアプリケーションのひとつに、大型テーブルの昇降装置用として複数の アクチュエータと中間軸をカップリングで連結して使用する場合がある。 しかし、中間軸と干渉する障害物がある場合には対応が困難になる。 そこで機械的同期によらない方法として、複数のリニアアクチュエータを電気的に同期させる、つばきシンクロドライブシステム(SDS)を商品化したので、その要となる可逆SSC式同期制御方式を含めて報告する。

One of the applications for electric linear actuators is to drive tables up and down. To do this, linear actuators must be connected together with shafts and couplings. Accordingly, if there are physical obstructions between the linear actuators, this system becomes difficult to realize. This report describes the newly developed Tsubaki Synchro Drive system (SDS) which replaces the conventional mechanical system. The electrically controlled synchronous drive system will expand the range of applications for electric linear actuators. The core engineering, reverse SSC synchronous control, is also described.

ページトップへ

8.ディーゼルエンジン用タイミングチェーン
Timing Chain for Diesel Engines

加我有将・嶋谷和彦・井上幸三
Arimasa KAGA , Kazuhiko SHIMAYA , Kozo INOUE

ディーゼルエンジンでは、燃焼で生じたスーツがエンジンオイル中に混入・蓄積し、潤滑環境を悪化させるため、 耐摩耗性に優れたタイミングチェーンが要求される。当社では種々の改良を重ね、耐摩耗性能に優れた ディーゼルエンジン用タイミングチェーンを開発し、従来のRF06B-2Uに代わり、軽量化とコンパクト化の ニーズに合致した単列チェーンBF06D-UKおよび小ピッチ化の2列チェーンBF05D-2UKの量産納入に成功した。 本報ではこれらの開発における課題と対策について、耐摩耗性能の向上を中心に述べる。

Diesel engines require timing chain with longer wear life because the lubricant oil becomes highly contaminated by soot which is generated during the combustion process. After various modification and improvements, we have succeeded in developing a highly wear resistant chain which is suitable for diesel engines, and have begun producing simplex BF06D-UK, and small-pitch duplex chain BF05D-UK to replace the existing RF06B-2U and meet the market needs for light weight and compactness. This report mainly describes the improvement of wear life and the development history.

ページトップへ

9.各種タイミングドライブシステムの性能と特性
Characteristics of Three Timing Drive Systems; Toothed Belt, Roller Chain, and Silent Chain

小川岳志・吉村智則
Takeshi OGAWA・Tomonori YOSHIMURA

1980年代、自動車エンジンの動弁系タイミングドライブは、歯付ベルトが主流であったが、 1990年初めから後半にかけて、ローラチェーン・サイレントチェーンドライブへ移行しつつある。 本報では近年のエンジン動弁系タイミングドライブのニーズ(コンパクト、軽量、高信頼性、静粛性)と照らし合わせ、 各システムの性能比較と特性について述べる。

Toothed Belt Drive was the mainstream product for automotive engine valve timing drive systems in the 80s. However, it began to shift to Roller Chain and Silent Chain Drives from 1990. This report compares the characteristics of these three systems from the viewpoint of the recent system needs (light weight, compactness, higher reliability, and noise generation).

ページトップへ

10.リニアモータを用いた大型ターンテーブルの割出駆動制御
Indexing Drive Control of Large Turntables Using Linear Motor

柴田直人
Naoto SHIBATA

大型ターンテーブルをカム式割出機構で駆動すると種々の問題が発生する。これを置換える方法として、 リニアモータを複数用いた大型ターンテーブルの割出し駆動制御方法を開発した。 本方法により従来課題とされていたサイクルタイムの短縮、位置決め精度向上、メンテナンスの簡素化、 クリーン化等を実現できる。
本報告では開発背景と実験機の機能確認、性能評価の中で発生した課題と その解決方法を述べる。

To eliminate the problems associated with cam-indexing drive systems for large turntables, we have developed a new indexing-drive control system using linear motors. With the new control system, it is possible to achieve shorter cycle time, more accurate positioning, lower maintenance costs, and cleaner working environment. This report describes the development background, verification of a test machine, as well as problems and countermeasures that arose during the verification.

ページトップへ

11.搬送装置車輪部のクリーン度評価・設計技術
Design Technology and Verification of Cleanliness for Transport Vehicle Wheels

栗原道雄
Michio KURIHARA

クリーンルーム内で使用されるモノレール電車などの長距離移動する搬送装置について、 そのクリーン度を出荷前に評価することは、これまで困難であった。搬送装置の車輪部について、 クリーンベンチ内での実験をもとに、特定条件下でクリーン度を予測できる評価方法を標準化した。 また、この方法に基づき、発塵量を減少させた車輪を開発したので併せて報告する。

Evaluation of cleanliness for long distance transport equipment such as the monorail trams used in cleanrooms has not been possible before shipment. This report describes a standardized verification method used to predict, under limited conditions, the cleanliness of the transport vehicle wheel based on the experiments implemented on the clean bench. A new vehicle wheel with lower particle generation characteristics designed using the method is also described.