会社情報

1917(大正6)年 12月 椿本説三の個人経営により、大阪市大淀区(現、北区)で創業。自転車用チェーンを作る。
1928(昭和3)年 8月 自転車用チェーンの製造をやめ、機械用チェーンの製造に専念。
1937(昭和12)年 10月 大規模なコンベヤプラントをはじめて納入。
1940(昭和15)年 5月 大阪市鶴見区に本社工場を建設。
1941(昭和16)年 1月 資本金300万円の株式会社として新発足。
初代社長に椿本説三就任。
1949(昭和24)年 5月 船舶用ローラチェーン、ロイド検定に合格。
1949(昭和24)年 5月 大阪および東京証券取引所に上場。
1951(昭和26)年 12月 ローラチェーンをアメリカに輸出。
1953(昭和28)年 9月 ローラチェーンのJIS認定工場1号となる。
1958(昭和33)年 4月 自動車用タイミングチェーンの量産を開始。
1961(昭和36)年 4月 事業部制をしく(チェーン事業部・コンベヤ事業部)。
1962(昭和37)年 3月 埼玉工場竣工。
1965(昭和40)年 10月 ボルグ・ワーナー社(アメリカ)と合弁会社「椿本モールス(株)」を設立。
1966(昭和41)年 10月 パワーシリンダ、小形ギヤモートルを発売。
1967(昭和42)年 11月 天井モノレール式搬送システム「オートラン」を開発。
1970(昭和45)年 4月 社名を株式会社椿本チヱィン製作所から「株式会社椿本チエイン」に変更。
1970(昭和45)年 11月 台湾に「大椿鏈條股份有限公司(現、台湾椿本股份有限公司)」を設立。
1971(昭和46)年 1月 京都(現、長岡京工場)工場竣工。
1971(昭和46)年 2月 アメリカに「Tsubakimoto USA, Inc.(現、 U.S.Tsubaki Holdings,Inc.)社」を設立。
1972(昭和47)年 4月 P.コニング社との合弁で、オランダに「Tsubakimoto Europe B.V.」を設立。
1975(昭和50)年 2月 歯付ベルトを発売。
1977(昭和52)年 2月 京都工場内に新開発センター(R&Dセンター)完成。
1981(昭和56)年 4月 粉粒体コンベヤの技術・営業部門を分離し、「(株)椿本バルクシステム」を設立。
1982(昭和57)年 8月 兵庫工場竣工。
1983(昭和58)年 5月 無人搬送車テレキャリヤを発売。
1985(昭和60)年 2月 リニアモータ式高速搬送コンベヤを開発。
1985(昭和60)年 10月 兵庫工場内にレーザー加工技術センター完成。
1986(昭和61)年 9月 ユニオンチェーン社(アメリカ)を買収。北米での現地生産を開始。
1987(昭和62)年 7月 SB事業部新設。
1988(昭和63)年 3月 つばきモニタリングシステム発売。
1990(平成2)年 4月 国際花と緑の博覧会にゴールデンベル・パビリオンを出展。
1992(平成4)年12月 (株)椿本エマソン岡山工場(現、椿本チエイン岡山工場)竣工。
1993(平成5)年 1月 メガディン社(イタリア)と提携し、ウレタンベルトを発売。
1996(平成8)年 4月 ヘルスケア分野へ参入。介護支援機器「一心多助」他を発売。
1998(平成10)年 7月 自動車エンジン用サイレントタイミングドライブチェーンを発売。
1999(平成11)年 4月 「つばきミッションステートメント」を制定。
1999(平成11)年 4月 マテハン事業部門の製造子会社((株)椿本テック、椿本工機(株))を吸収合併。
1999(平成11)年 11月 国内系列販売会社6社を統合し、「(株)椿本マシナリー」が発足。
2000(平成12)年 4月 つばきグループ環境基本方針を策定。
2001(平成13)年 6月 京田辺工場竣工。
チェーン工場(大阪市鶴見区)を全面移転。
2001(平成13)年 9月 埼玉工場がISO14001認証取得。
2002(平成14)年 3月 タイに「Tsubakimoto Automotive (Thailand) Co., Ltd.」を設立。
2002(平成14)年 4月 タイに「Tsubakimoto (Thailand) Co., Ltd.」を設立。
2002(平成14)年 4月 椿本チエイン精機事業ユニットと(株)椿本エマソンを合併し、「(株)ツバキエマソン」を設立。精機事業を移管。
2003(平成15)年 4月 (株)椿本チエインの総務・人事・情報システム部門と(株)ツバキアークス、(株)椿本厚生事業団を統合、「(株)ツバキサポートセンター」を設立。
2004(平成16)年 4月 中国に「椿本汽車発動機(上海)有限公司」を設立。
2004(平成16)年 6月 執行役員制度を導入。
2004(平成16)年 6月 中国に「椿本鏈条貿易(上海)有限公司(現、椿本鏈条(上海)有限公司)」を設立。
2004(平成16)年 12月 つばきグループ国内全事業所がISO14001認証取得。
2006(平成18)年 4月 創業90周年。ブランドメッセージ「Innovation in Motion」を制定。
2006(平成18)年 4月 「山久チヱイン株式会社(現、ツバキ山久チエイン株式会社)」を連結子会社化。
2008(平成20)年 6月 チェーン噛合い式直線作動機構を開発、「つばきジップチェーンリフタ」を販売開始。
2009(平成21)年 9月 韓国に自動車部品の製造・販売会社「Tsubakimoto Automotive Korea Co., Ltd.」を設立。
2010(平成22)年 4月 「Kabelschlepp GmbH(現、Tsubaki Kabelschlepp GmbH)」(ドイツ)を買収、連結子会社化。
2010(平成22)年 6月 インドに販売会社「Tsubaki India Power Transmission Private Limited」を設立。
2010(平成22)年 10月 ドイツに販売会社「Tsubaki Deutschland GmbH」を設立。
2011(平成23)年 9月 中国にマテハン商品の販売会社「上海椿本物流系統設備有限公司(現、椿本科技(上海)有限公司)」を設立。
2012(平成24)年 1月 中国に産業用チェーンの製造会社「椿本鏈条(天津)有限公司」を設立。
2012(平成24)年 8月 メイフラン・ホールディングスグループ(アメリカ)傘下の全事業を取得、連結子会社化
2012(平成24)年 9月 インドネシアに販売会社「PT. Tsubaki Indonesia Trading」、
マテハンの製造会社「PT. Tsubaki Indonesia Manufacturing」を設立。
2012(平成24)年 10月 メキシコに自動車部品の製造・販売会社「Tsubakimoto Automotive Mexico S. A. de C. V.」を設立。
2012(平成24)年 10月 「第1回つばき技能オリンピック」を開催
2013(平成25)年 4月 マレーシアに販売会社「Tsubaki Power Transmission (Malaysia) Sdn. Bhd.」を設立。
2013(平成25)年 10月 「(株)ツバキエマソン」を100%子会社化、「(株)ツバキE&M」に社名変更。
2014(平成26)年 4月 「長期ビジョン2020」を策定、その実行計画「中期経営計画2016」スタート。
2014(平成26)年 4月 韓国に販売会社「(株)韓国椿本(Tsubakimoto Korea Co., Ltd.)」を設立。
2014(平成26)年 7月 「Mahindra Conveyor Systems Private Limited」を子会社化、「Mahindra Tsubaki Conveyor Systems Private Limited」に社名変更。
2014(平成26)年 9月 中国のスプロケット製造会社「椿凱動力伝輸機械(石家庄)有限公司」に出資、子会社化。
2015(平成27)年 6月 中国「椿本鏈条(天津)有限公司」の第2工場として自動車部品製造工場が竣工。(自動車部品は、上海・天津の2工場体制)
2015(平成27)年 7月 チェコに自動車部品の製造会社「Tsubaki Automotive Czech Republic s.r.o.」を設立。
2016(平成28)年 4月 ベトナムに販売会社「Tsubakimoto Vietnam Co., Ltd.」を設立。
2016(平成28)年11月 スペインに販売会社「Tsubaki Iberica Power Transmission S.L.」を設立。
2017(平成29)年 4月 創業100周年。新企業理念「TSUBAKI SPIRIT」を制定。
2017(平成29)年 4月 フィリピンに販売会社「Tsubakimoto Philippines Corporation」を設立。
2017(平成29)年10月 「(株)ツバキE&M」を吸収合併。椿本チエイン「モーションコントロール事業部」が発足。