会社情報

2016/05/31

1.はじめに

 株式会社椿本チエイン(社長:大原 靖、本社:大阪市北区)は、創業100周年記念モデル「ドライブチェーンG8シリーズ」(Generation8:第8世代の意味)の標準タイプの「RS®ローラチェーンG8」、より大きな最大許容張力を持つ強力タイプの「強力ドライブチェーン」を6月1日より新発売いたします。

RS®ローラチェーンG8 強力ドライブチェーン

 当社の基幹商品のRS®ローラチェーンは1953年のJIS適合以来、常に最高品質を追求して、10年ごとにモデルチェンジを実施しております。前回のモデルチェンジでは、2006年に摩耗寿命を飛躍的に向上させた第7世代のRS®ローラチェーンG7を発売。今回は、創業100周年を迎える2017年に合わせ、ドライブ(動力伝動用)チェーンの耐環境タイプ、無給油タイプ、標準タイプ、強力タイプのモデルチェンジを行い、創業100周年記念モデル「ドライブチェーンG8シリーズ」として、2015年春から順次発売してきました。今回の2商品の新発売で、シリーズ全商品が市場投入されます。

※この新商品は、当社独自で設定したエコ評価基準を
 クリアした商品です。

■ 詳しくはこちらをご覧ください ■

2.「RS®ローラチェーンG8」── 摩耗寿命を1.2倍に向上

 チェーンの最終製造工程では、錆防止と耐久性向上のため、完成チェーンに防錆潤滑油を塗油します。この防錆潤滑油を自社開発することにより、摩耗寿命1.2倍向上を実現しました。
 さらに、従来の油に比べ、ベタ付きがなくお客様のチェーン交換時など取扱い性も向上。作業時間短縮なども含め、お客様のメンテナンスコスト削減に貢献します。
 ■発売品種: RS40~240の11サイズ
       (小形のRS11~35は従来タイプ)

3.「強力ドライブチェーン」── 性能を大幅向上

 主に低速大荷重の用途向けに、標準タイプと同サイズながらも熱処理加工や材料の厚み、形状を変え、強度を高めたチェーンです。今回モデルチェンジしたのは次の3種です。

  1. ①強力チェーン:摩耗寿命を2倍に向上
     リンクプレートの板厚を標準タイプよりサイズアップすることで、引っ張り強さを向上したチェーン。高精度の継ぎ目のないシームレスブシュにより、従来品と比べ摩耗寿命を2倍に向上し、お客様のメンテナンスコスト削減に大きく貢献します。
  2. ②スーパチェーン:最大許容張力5~10%向上
     リンクプレートの形状を変えることで、標準タイプよりも最大許容張力を大幅向上したチェーン。加工方法の見直しによる部品精度の向上により、最大許容張力5~10%向上実現しました。
  3. ③スーパHチェーン:最大許容張力20%向上
     スーパチェーンと同形状のリンクプレートの板厚をサイズアップし、高い許容張力と引っ張り強さ、衝撃吸収性を確保したチェーン。内リンクプレートにリングコイン加工を施すことにより、最大許容張力を20%向上。これにより、チェーンのサイズダウン選定が可能となり、お客様設備の省スペース化とトータルコストダウンに貢献します。
リングコイン加工

※リングコイン加工:プレート穴に沿って塑性変形部を設けることで、穴周辺に残留応力を発生させ強度アップを図る加工。

4.用  途

各種動力伝動装置

5.価  格

据え置き

6.納  期

現行通り

7.発 売 日

2016年6月1日

8.販売計画

2015年度より10~20%増をねらう

【参考】

100周年記念モデル:
つばきドライブチェーンG8シリーズ
強力ドライブチェーン性能比較図
※RS®ローラーチェーンの最少引張強さ、最大許容張力を100とした場合

■本件についてのお問い合わせ先
株式会社椿本チエイン  社長室 広報・IR課
〒530-0005 大阪市北区中之島3-3-3 中之島三井ビルディング
TEL 06-6441-0054 FAX 06-6441-0203
E-mail : pr-sec@tsubakimoto.co.jp

■お客様からのお問合せ先
チェーンお問合せ窓口  TEL 0120-251-664